遺言についての常識

遺言は、一定の方式にのっとって行わなければ、効果が発生しないものです。
この方式は、被相続人の意思を実現するため、つまり、後に偽造や変造などが行われることを防止するために、かなり厳格に定められています。
では、どのような方式があるのかをみていきます。
まず、方式としては、普通方式と特別方式があります。普通方式の中には、自筆証書、公正証書、秘密証書があります。多くの場合、普通方式の中の自筆証書によるものか、公正証書によるものを利用することになると思います。
自筆証書によってする場合には、自書であること、日付が入っていること、押印があることが必要になります。これらのいずれかの一つでも欠いた場合には、有効なものとはなりません。そして、基本的には、日付、氏名、押印は、複数枚にまたがる場合、全文に記載、押印しなければならないので注意が必要です。この自筆証書を行うメリットは、容易にできることと、費用がかからないことです。デメリットとしては、偽造や滅失のおそれがないとはいえないことです。
次に、公正証書によってする場合には、証人を二人用意した上で、公証人関与の上、規定の手続きにのっとって行うことが必要になります。この公正証書という方法を使うメリットは被相続人の意思が明確になることと、公証人に立ち会ってもらって作成することから不備が生じにくいことがあります。デメリットは、証人にその内容を知られてしまうことになるため、秘密が保持しにくいことにあります。

Comments are closed.